飲食店の人材不足に|マッチングサービスを上手く活用してみませんか?

飲食業界の労働力不足は深刻な問題に

料理とドリンクを運んでいる女性

あまり意識したことはないかもしれませんが、飲食業界は他の業界と比べても従業員におけるアルバイトが占める割合が非常に多く、アルバイト有りきで成り立つ珍しい業界といえます。

 

しかし、近頃のレストランやチェーンの外食店を訪れてもわかるように、従業員には外国人が多く、国内求人の観点からすると非常に苦境に立たされていると言えるでしょう。

 

そのような時勢の中で、飲食店経営者には人材マッチングサービスを上手く活用する能力が求められています。

 

飲食店が活用できる人材マッチングサービス

sukima works

「sukima works(スキマワークス)」のWebサイトを訪れると、最初に直近1週間で好きな日にちを選ぶ画面が表示されます。
そこで選択した日付の中で、数時間程度のスキマ時間にアルバイトできる飲食店に応募して時給を貰うという形で働くことが可能です。

派遣や単発のアルバイトと異なり登録や研修といった制度はありません。

 

さらに労働者には嬉しい“履歴書なし”で働くことも可能なため、急な出費が決まり困っている方や予定が組みにくい卒業間近の学生をターゲットにした場合、経営者にも有効的なサービスとなっています。

 

helpwork

「helpwork(ヘルプワーク)」とは、30分~1時間の“超スキマ時間”を利用してアルバイトを行えるサービスです。
業界を騒然とさせたのは報酬の支払い方法で、最短30分という短期間の働きの報酬はまかないで支払われます。

 

現金が支給されるわけではないため、欲しい物がある働き手には不向きのサービスになりますが「バイトや塾の前の腹ごしらえ」「気になっていたお店のまかないが食べてみたい」「お得に美味しいものが食べたい!」と言ったニーズに対応するため、飲食店ならではの面白いサービスと言えるでしょう。

 

Wakrak

「Wakrak(ワクラク)」は、さまざまなスキルや経験を持つ人材とスキマ時間に労働力がほしい人材不足の企業が繋がることのできるマッチングサービスです。
NHKや毎日新聞社にも取り上げられた程の実績があるなど、現在非常に勢いのあるWebサービスの1つになります。

 

企業にとってもメリットが多く、労働者に支払う給与の30%程度の手数料をWakrakに支払えば、給与支払いの口座仕分けもWakrakのバックオフィス側で行ってくれます。
月額利用料も発生しないため、低予算からスタートできることが魅力のサービスとなるでしょう。

 

人手不足の世の中だからこそサービスは有効に

ボタンを押すスーツの男性

少子高齢化の進行に歯止めがかからない以上、どの業界も今以上のさらなる人手不足が予測されます。

 

そのような時代に新たに入ってきてくれた従業員にすぐ辞めることのないように、経営者は労働環境を整えるとともに、新しい人材マッチングサービスを効率よく利用することが求められるのではないでしょうか。